【解説付き】クトゥルフ神話TRPGの技能一覧

目次

技能一覧

回避《DEX×2%》

迫り来る何かから逃れる為の技能。

攻撃された時などにも活躍する。

キック《25%》

要は足技。

回し蹴りとかライダーキックとか全部。

与えるダメージは1d6+db(ダメージボーナス)

組みつき《25%》

対象に組みつく技能。

成功すると派生して「押さえつける」「傷つける(1d6+db)」「窒息させる」などの行動をとる事が出来る。

こぶし《50%》

パンチ(1d3+db)

その他にも手に収まる程度のモノを扱う場合にも使用される事がある。(ナイフやスタンガン等)

頭突き《10%》

頭突き(1d4+db)基本的にそれ以外の何物でもない。

初期値も低いので好き好んでとる人はあんまりいない。

誰か頭突きの可能性を発見してほしい。

投擲《25%》

物を投げる技能。

ボールから槍まで基本投げる時は全部コレ。

ダメージを与える為に使用した場合、dbの半分がのる。

マーシャルアーツ《1%》

色々と扱いに困る技能。

要は格闘技の知識や経験。

キックやパンチなどの格闘技能と組み合わせロールする事でdbなどを含まない基本のダメージのダイスを2倍に増やす。

拳銃《20%》

ハンドガン的な物を扱い、弾を当てる技能。

単発式の物に限る。

拳銃への知識も含まれる。

サブマシンガン《15%》

小型マシンガンを扱う技能。

知識も含まれる。

ハンドガンの中でもグロックなど連射式のものはコチラへ含まれる。

ショットガン《30%》

散弾銃の知識と扱いに関する技能。

他の火器に比べて初期値が高い。

マシンガン《15%》

銃架を用い連射する銃を扱う技能。

知識も含まれる。

二脚架から単発射撃する場合はライフルの技能値と比べ高い方を使う。

ライフル《25%》

ライフルタイプの銃を扱う技能。

知識も含まれる。

アサルトライフルなどは単発射撃する場合も連射する場合もこの技能。

応急手当《30%》

誰かがダメージを受けた際、成功すれば1d3回復。

なお受けたダメージ以上の回復はできない。回復できるのはダメージの減った回数まで。

鍵開け《1%》

鍵がかかった扉や金庫を開ける技能。

要はピッキング

発想によっては色々出来そうな気がする。

隠す《15%》

物を人に見つからないように隠すことができる技能。

隠す物が大きくなればなるほど難しくなる。

隠れる《10%》

人やカメラなどの視線から見つからないように逃れる技能。

場面やロールプレイによって増減しやすい。

聞き耳《25%》

人の会話の内容を聞いたり物音の有無の確認など音に対してあらゆる場面で使用する技能。

その他にも感覚器官が優れているとの見方も出来るので、嗅覚などの判定にも使われる。

忍び歩き《10%》

物音を立てずにそっと歩く技能。

隠れると同時に使う場合は判定は複合ロールで両方の値を参照する。

写真術《10%》

カメラの画角に対象を収める技能。

基本的に動かない対象は振らずとも撮れる。

写真だけでなくムービーなどを撮る際にも使用する。

精神分析《1%》

発狂した人間を一定時間正気に戻す技能。

処置を施すのに1時間ぐらいかかる。

この技能は1つの発狂案件に対して1回しか使用することができない。

SAN値の回復には1ヶ月単位の治療を要する。

追跡《10%》

痕跡を見つける技能。

痕跡が残されてから時間が経っていると成功率が下がる。

登攀(とうはん)《40%》

高いところに登るために必要な技能。

要はクライミング。天井に張り付いたりもできる。

距離が長いと複数回ロールが必要な場合もある。

図書館《25%》

書物や文章など情報が集まっているものから、必要な情報を取捨選択する技能。

割と時間がかかる。

目星《25%》

視界の情報から違和感や気になるところを見つける技能。

対象を指定しないとKPが情報を出しにくいので注意が必要。

運転(○○)《20%》

地上かつハンドルのある乗り物を運転する時に使う技能。

ただ道路を走るだけとかならばダイスを振る必要は特にない。

機械修理《20%》

壊れた機械を修理したり新しく機械を作ることができる技能。

日曜大工程度の工作などはこの技能で試みることができる。直すものによっては特別な道具が必要になることもある。

重機械操作《1%》

大型の建設機械などの重機を操作するのに必要な技能。

戦車などの特殊な車輌もこの技能。

難しい操作を要求される時以外は成功判定は必要ない。

乗馬《5%》

馬やロバなどに上手く乗ることができる技能。

動物の世話の仕方やその他関係のある道具の知識も得られる。

乗馬中にアクシデントがあった時に落馬しない確率は技能値と同じ値。

水泳《25%》

水の中で行動するのに必要な技能。

判定が発生するのは危険が生じた場合のみで失敗すれば窒息判定が発生する。

制作(○○)《5%》

何かを作ったり修理したりする技能。

制作(プラモデル)、制作(アクセサリー)というように何を制作できるのか分かるようにしておく。

技能を使う際には時間と道具が必要となる。

操縦(○○)《1%》

基本的には運転技能と同じ内容だが、こちらは空を飛ぶものと水の上に浮かぶものを操縦する技能。

操縦(飛行機)、操縦(モーターボート)というように何を操縦できるのか分かるようにしておく。

跳躍《25%》

ジャンプ。

成功すると垂直方向に自身の身長ぐらい跳びあがることができる。ぶっ壊れ技能。

横方向にも助走無しで身長分、助走ありで身長の2倍の距離を跳ぶことができる。

高いところから落下した際に成功すればダメージを1d6軽減することができる。

電気修理《10%》

電気系の装置を修理したり作り直したりする技能。

機械修理と比べると配線系の修理に使用する。

修理の際には部品と道具が必要だったりする。

ナビゲート《10%》

目的地にたどり着く為の技能。

地図を読む能力や道順を覚える能力と言い換えてもいい。

変装《1%》

衣装や声を変えて別人になりすます技能。

対象を指定したり、SIZの差があると成功値が下がる。

真似できるのは精々外見なので、成功しても不自然な行動をとったりするとバレる。

言いくるめ《5%》

対象の同意を一時的に得る技能。

時間が経ったり、何か出来事があると効果を失うかもしれない。

信用《15%》

自身などの個人に同意を得る技能。

立ち振る舞いや話し方、肩書などによって
「この人が言うならそうなんだろう。」
と思わせる。

値切り《5%》

価値の交換交渉に秀でている事を示す技能。

金銭的な物に限らない。

説得《15%》

対象の考え方を変え同意を得る技能。

説得を成功させるには、内容にもよるがある程度の時間がかかる。

母国語(○○)《知識》

母国語の読み書きや対話をいかに使いこなせるかを示す技能。

外国語(○○)《1%》

外国語の?以下同文。

20%程でカタコトで会話は出来るらしい。

読み書きするなら50%は欲しいところか。

医学《5%》

現実で言うところの医学と同義。

しかし、時代によって内容は変わるので注意が必要。

応急手当てとして振ることもできる。

オカルト《5%》

魔術や儀式などオカルト関係のものへの知識。

ただし、クトゥルフ神話関係のものは含まれない。

化学《1%》

化学に対する知識。

薬品や火薬などの扱いが分かる。

クトゥルフ神話《0%》

基本的に取得不能

セッションの中で神話的事象に触れることで知識を得ていく。

99-(クトゥルフ神話技能)が最大SAN値になる。

芸術(○○)《5%》

その芸術的なことに精通していることを示す技能。

製作(○○)との明確な区分はない。

経理《10%》

経理の知識を持つ事を示す技能。

帳簿などを読み解くができる。

あまり活躍の機会はない。

考古学《1%》

考古学の知識を持っている事を示す技能。

出土物の年代の把握や遺物の鑑定などができる。

コンピューター《1%》

コンピュータの単純な操作以外の、プログラムの作成のような専門的な操作が必要な時に使う技能。

心理学《5%》

人を観察して感情の機微を読む技能。

決して考えることが分かるわけではない。

訓練されていれば感情を隠すことが出来るかもしれないし、人間以外には効果は薄いだろう。

判定はKPがPLから隠して行う。

生物学《1%》

生物に関する知識。

細胞や遺伝子学なども含む幅広い技能。

地質学《1%》

地質学の知識を持つ事を示す技能。

地層の判別や土壌を鑑定したりすることができる。

電子工学《1%》

電子的な回路についての知識。

回路の作成などをすることができる。

ただし、発揮するには部品が必要な場合が多い。

天文学《1%》

天体についての知識を持つ技能。

クトゥルフ神話では天体に関わる事象が多く起こるので稀に活躍する。

博物学《10%》

広く浅い知識。

雑学と言い換えた方が分かりやすい。

あらゆる事に表面的な知識を持っている。

活躍するかどうかはKP次第。

物理学《1%》

物理学の知識を持つ事を示す。

仕掛けなどを作る時に活躍するかもしれない。

法律《5%》

法に関係する知識を持つ事を示す技能。

法律や判例だけでなく裁判手続きなどにも精通する。

薬学《1%》

薬学の知識持つ事をを示す技能。

毒物や解毒剤の知識もあるので毒などによるPOTダメージに対して応急手当として使用することができる。

歴史《20%》

その世界の正史に精通している事を示す技能。

認識との差異に気付くことが出来る。

人類学《1%》

人々の暮らしや民族的な文化に精通していることを示す技能。

歴史との線引きが難しい。

ルールブック

その他の詳しい情報を知りたい方はルルブをお買い求めください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です